<< 団体参拝   奥の正法寺  ... 今日の楽しい出来事 >>

団体参拝   奥の正法寺   (その1)

みなさま、お久しぶりです^^;
今年は5月の末からいろいろあって、お疲れモードのところにこの夏の暑さですっかりへばっておりましたが、やっと何とか復活の兆しです(笑)

一真の母さん&sakuraさん&kartsさん
せっかくいただいたコメントに、お返事もしないままでごめんなさい m(_ _)m

そして私のブログに遊びに来てくださっている方々、これからもよろしくなのです^^;


さて、このたびは母に付き合って『みちのくの古刹 奥の正法寺』へ団体参拝に行ってまいりました。
米沢ってお寺さんがやたら多いところなんですが、その中の八寺院が主催でお檀家さんから参加者を募って、団体参拝の旅をするんです。
多いときはバス4台なんていう大集団参拝の旅になることも有るようなのですが、今回はきっちり45名の参加でバス1台を借り切っての、ちょうどお手頃な参加人数での旅となりました(笑)

ところで参加者ですが、檀家総代に10年も続いている団体参拝の常連さんときたら、かなりご高齢の方が多いのは察していただけると思うのですが、バスの中で渡された般若心経の教本がこれ…

f0048234_1305624.jpg
f0048234_1311762.jpg

昨年も般若心経の教本をお配りしたそうなのですが、参加者から老眼鏡をかけないと見えないと苦情が出たため、
今回は特別あつらえの大字にしたそうです。一文字が約1.4センチの大文字です(笑)

米沢を発ったのが朝7時、バスの中で今回の参拝の趣旨や、般若心経の練習をしつつ、目的地の『奥の正法寺』に着いたのは11時20分。普段座りっぱなしの生活に慣れていない私には、ちょっとしんどい旅ですね^^;

リンク先のホームページにもありますが、日本一の茅葺き屋根を持つ正法寺。
奥羽二州(東北地方)における曹洞宗の本寺・第三の本山と言われています。

f0048234_1357861.jpg

f0048234_13595478.jpg
↑惣門です。
この石段は蛇紋岩と言い、険しい様相で「平民だろうが殿様だろうがこの門をくぐる物は乗り物から降りて自分の足でいらっしゃい。」とすべてを平等に扱っているのだそうです。



f0048234_1492280.jpg

f0048234_1410309.jpg

f0048234_718475.jpg
↑本堂です。     (もちろんクリックすると迫力ある大画面(笑))
今回の主催寺院に高畠の満福寺さんがありますが、ここのご住職は40年くらい前、この正法寺で修行を積んだそうです。当時は本堂の茅葺き屋根の上に子供の背丈ほどの栗の木が生え、茅も痛んでぼろぼろと言う感じだったらしいです。そこで当時のご住職が平成7年から「平成の大改修」という伽藍整備事業に着手、平成18年にすべての改修工事を終了したそうです。
茅葺き日本一と言われる本堂の建築面積は233坪、曹洞宗法堂の古式を伝える大建築です。






  
[PR]
by Nikolaschka_01 | 2007-09-15 14:27
<< 団体参拝   奥の正法寺  ... 今日の楽しい出来事 >>