タグ:米沢の方言 ( 4 ) タグの人気記事

いつのまにやら…

f0048234_138216.jpgさっき、写真の整理をしていて見つけました。
小学生の頃の息子達。


f0048234_1392120.jpgこれは先日のすき焼きパーティ(彼の誕生日だったので)の後、
満足しきってソファの上で沈没寸前の長男。


f0048234_13123055.jpg年末の買い出しにつき合ってくれた次男。


なんだか二人ともやたら大きくなっちゃったなぁ…。
小学生の頃の写真と見比べて、しみじみそう思ってしまった。

私はあまり良い母親ではありません^^;
どちらかというと放任主義。
だけど息子達は勝手に育ちました。

今では息子達が、この危なっかしい母を見捨てておけず、
なんだかんだとつき合ってくれています。

これからも よろしく ごめんどうして おごやえ

めんどうして: よろしくたのむ  
おごやえ  : ください     (米沢の方言)

[PR]
by nikolaschka_01 | 2007-01-07 13:18 | 独り言

色々な後遺症…^^;

昨日は、スキー場のコンディションも悪かったし私自身も5~6年ぶりに滑るということもあって、
かなり慎重に怪我をしないように気を付けていたんですけどね。
だけど、朝起きたら首筋がかなり張っているんですよ^^;
思いっきり転倒したときの後遺症みたい。

それから両手を万歳すると二の腕が痛い…^^;
f0048234_12284516.jpg
その原因はこの子  ↑
ご近所の娘さんが、他県に嫁いでお正月休みに息子を連れて帰省してたんです。
我が家にも新年の挨拶に来てくださって…。
可愛い息子のお披露目もしてくれました。
九ヶ月って言ったかな…。体重は10kgだそうです。
しっかりとした堅太り君で、掴まり立ちがとっても上手なY君です。

初対面なのにわにないものだから、nikoおばさんは張り切って遊んでしまいましたよ~!
この子を抱いて、「高い高~い♪」って腕いっぱい延ばしてやっちゃったんです^^;
もう超ご機嫌で、ケラケラ笑うから調子に乗ってまたまた「高い高~い♪」、
お母さんの腕に返しても、私の方を期待の目で見つめるY君
もう一つおまけに「高い高~い♪」って…。
後からやばいなと思っていたら、その後遺症は今朝になって発症です(爆)

今年は少し体力アップを心がけなければ…

わにない→わにる:人見知りする (米沢の方言)
[PR]
by nikolaschka_01 | 2007-01-07 12:45 | その他

初詣

今年の初詣も、去年と同じ亀岡文殊です。
昨年もすごい人出だったのですが、今年は雪が少ないせいかもっとすごい!
で、そんぴんな気分になった私は、人気の無い場所にレンズを向けてみました(笑)
f0048234_918119.jpg

f0048234_9183657.jpg
写真はお文殊様の敷地内にある四国八十八ヶ所霊場分霊と…

f0048234_9223077.jpg
その脇に鎮座していたお地蔵様
半分雪の中に埋もれているけど、赤い帽子とケープが暖かそう(^-^)


そんぴん:拗ねる。ひねくれる。へそを曲げる。(米沢の方言)

[PR]
by nikolaschka_01 | 2007-01-03 00:17 | ぷらり散歩

主治医

f0048234_1023355.jpg
その患者さんA子さんは年輩の女性で、6年前外科で大きな手術をされたとき、私がオペ室での担当だった。
その後、他の病気や怪我などもあって何回か手術の経験をされ、その度に私が担当をさせていただいていた。
でも、ここ2~3年は、入院したという噂もなく元気に外来通院されていると思っていたんですが…。

何日か前に今時の風邪に罹患、こじらせて入院したらしい(;_・)

そしたら例のfarmer Drが、手術室までやってきて、(farmer Drは外科医でA子さんの主治医なんですよ^^)「お~い、nikoさん、A子さんが、がおっちゃってさぁ~、なんだか気弱になっちゃっているから元気づけてやって
くれないか~。A子さんもnikoさんに会いたいって言ってるしよ~。」って、声をかけに来てくれました。

私みたいな手術室のNsは、病棟のNsと違い、患者さんに関わる時間が短いので、あんまり患者さんに覚えていてもらえないことの方が多いのですが、そんな中で「あのときの看護師さんに会いたい。」って言ってもらえるのは、ホント看護師冥利に尽きますね(^-^)

何回も手術でお付き合いしたからなんでしょうが、そんな患者さんのベッドサイドでお話を聞く機会が与えられると、患者さんからとても優しい力を分けてもらうことが出来るんです。

『あ~、この仕事やっていて良かったなァ…^^』って言う気持ちにしてくれる力をね♪

もちろんすぐに、A子さんの顔を見に行ってきましたよ。
彼女、本当に懐かしがって嬉しそうな笑顔を見せてくれたので「また会いに来ますよ。」と、お約束してきました。

A子さんとの話の中で、farmer Drの事が話題になりました。
彼は50を越えたベテランDrですが、A子さんのベッドサイドに朝晩顔を出して、
一言だけど「大丈夫か~。」って必ず声をかけていってくれるんですって(^-^)

きっと、farmer Drは患者さんと同じ土俵で患者さんの病気を治療し、同じ目線でものを見て考えることの出来る人間なんだなァ~って思いました。
「A子さんに会いに行ってやって~」とNsに気軽に頼むことが出来るのも、医師とか患者とか看護師とかの立場に囚われることなく、同じ人間としてA子さんのこと考えているから出来るんだよね^^

私は、病気になる気は毛頭ありませんが、もし外科医にお世話にならなければいけないようなことがあったら、
主治医はfarmer Drにお願いしよう(^-^)って、今回の件で思いましたよ~。
でも手術室では私、Drから『怖い看護師さん』で通っているので、断られちゃうかもしれないわ(笑)


がおっちゃって→がおる:弱ること (米沢の方言)
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-12-10 10:08 | 医療あれこれ