カテゴリ:本・映画( 9 )

武士の一分

f0048234_11595552.jpg昨日『武士の一分』観てきました。
良かった~♪木村拓哉が…(^-^)って、私もともとキムタクファンではありませんが、今回の『武士の一分』で彼が演じる三村新之丞に惚れてしまいましたよ~♪

三村新之丞(木村拓哉)は下級武士で、藩主の毒見役。そのお勤めで毒に当たり失明してしまう。盲目を恥じて死を選ぼうとする新之丞は、一緒に死ぬという妻加世(壇れい)の言葉に思いとどまるのだが…

この先が問題です、はい^^;
藤沢周平の短編の映画化ですからね~「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」は同じ藤沢作品2~3編を素に描かれていたと思いましたが、『武士の一分』はどうなのかな…?
3作品の中では一番先が読める展開というか、そこが藤沢作品らしい気がしましたけどね^^
妻役を演じた壇れいさん、とても気品があり美しい方です。宝塚出身で映画出演は今回が初めてだそうですが、静かな佇まいの中ににじみ出る演技力というのかな…素晴らしい女優さんだと思いました。

あとは緒形拳。
こういう俳優さんってスクリーンに映し出されたとたん場面が引き締まるのね。
やっぱり名優といわれる方の存在感って大きいと思います(^-^)

それから徳平役の笹野高史の演技も、なんとも言えない良い味を出していました。

しかし、今回の作品の評価も賛否両論ありまして、色々言われているようですが、藤沢周平のあるファン曰く、「彼の作品は映画化してくれるな!」ですって^^;
藤沢ワールドが自分の中にある方にとっては、映画化ってイメージ崩壊に繋がっちゃうらしいです(笑)

それから、キムタクね^^
キムタクにちょんまげ似合うかで話題が盛り上がっていたこともありましたけど、私的には違和感なしです。
それから私は彼のファンでもアンチ派でもないです。
その私が、素直に映画観ながらラストの方で鼻啜り上げ(いつものことですが^^;)
素直に良い映画だったって感動しました、はい。

多くの方が何の色眼鏡もかけずに、素直にこの映画を観てくれると良いなって思います。
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-12-02 13:13 | 本・映画

電車男

f0048234_17412246.jpgずっと気になっていた映画なんだけど、ついにDVD観ました。
イヤ~、なかなかの感動物です。
単純な私は、またまた一人でbox tissue抱えて観ておりました(笑)
初恋の甘く切ない胸の苦しみを、22歳で初めて体験する電車男。
それが遅いという人もいるかもしれない。
しかし彼が体験する純な気持ちは誰もが一度は抱くものであり、
共感できるものだ。
そんな想いを電車男とともに各駅停車で体験してほしい。
そして、一歩前に踏み出してみてほしい。
電車男を応援する元気は、自分が頑張る勇気に変わるはず。
映画『電車男』は、恋するすべての人に“人を好きになる純粋な
                          想い”と“その想いを伝える勇気”を贈ります
と言うことなんだけど…

エルメスさんの言葉が素敵なのよね~♪
思ったの…
会う度にあなたは小さなプレゼントをくれるなぁ…って
(略)
あっそか、って思ったの…
何でもないことを嬉しい事に変えてくれる
何でもない小さな事を 大きな想い出にしてくれる
一緒にいると どんどん大切な物が増えていく
二人でいると どんどん想い出が増えていく
他の人が見たら 小さくてささやかなことでも
二人なら どんどん幸せに変えていける
そう思えることが 人を好きになる事なんだって
あなたが教えてくれたのよ

なんだかため息出てしまいます(笑)

まあ、エルメスさんは人を好きになることってこの台詞を言ってますが、
人と人との繋がりってそう言う事なんじゃないかな…と思います。
そして、自分自身の生き方もね…
何でもないことを嬉しい事に変えたり、何でもない小さな事を大きな想い出にしたり出来るのも
自分自身の、物の見方・考え方…
同じ一つしかない人生を、どれだけ楽しむことが出来るかは、やっぱり自分次第かな…ってネ(^-^)
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-10-29 06:41 | 本・映画

寝不足の理由^^;

f0048234_20194140.jpg休みだって言うのに、息子は部活があるとかで、いつもと同じ月曜日♪
だけど私は、昨晩は遅くまで「チャングムの誓い」のDVD見ちゃったから、
思いっきり寝不足です^^;
あまりテレビが好きでないので、ドラマってほとんど見ないんですよ^^;
だから、気になるドラマはシーズン遅れでDVD(笑)
韓流で大ヒットした「冬のソナタ」は、あまりに有名になりすぎて、
へそ曲がりの私はまだ見ていません^^;が、この「チャングムの誓い」
良いですよ~(笑)
チャングムは全18巻で、レンタルショップを張り込んで昨日やっと最終巻を手に入れたの。人気商品とかで、いつも貸し出し中なのよね。
店員さんに「運が良かったですね~。」と言われた(笑)
男女の身分差が厳しかった時代の韓国で、一人の少女が母親の無念を晴らすために宮廷女官となり、あげくは医女(今で言う女医さんとはちょっと趣が違うのですが)になるというsuccess storyなんですけどね(笑)
どうもモデルがいるらしく、まあドラマは誇張しているんでしょうが、あの時代そんな女性がいたことに感動です♪
一度、ご覧になってみて下さい。食や医療面でけっこう参考になる場面もありです。
ただし、細かいことの気になる方は、片目つぶって見た方がよいかな…^^;
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-09-18 20:40 | 本・映画

日本沈没

f0048234_2324524.jpg昔、小松左京氏の原作を読んだ気がするのですが、よく憶えていません。以前の映画も、テレビの洋画劇場とかで放送したとき観ているような気がするのですが、あまり記憶にない…。
でもテレビシリーズでは、ヒロイン役の由美かおるが、高慢稚気な
お嬢様役だったのをよく憶えていたりして(笑)
で、今回の日本沈没ですが…。
最近は邦画もなかなかやるな~と思っていたのですが…。
私は涙もろいたちで制作者の意図にはまって、「お涙ちょうだい」のシーンでは、必ず涙ボロボロになってしまいます。
今回も草なぎ君とコウちゃんの別れのシーンや、草なぎ君が自分の命も省みず、わだつみで深海に潜っていくシーンでは泣きました^^;
だけど…だけどなんか違うのよね~!なんていうのかドラマ展開に
スピード感が無いんですよ。
なんかモタクタしているのね^^;。だからその間合いの長さに飽きが来る…。気を持たせすぎ…。
そして草なぎ君とコウちゃんの関係が、いくら衝撃的な出会いとはいえ、そんなに簡単に好き合って
いいのかい!って言う感じだし…。
ウゥ~ム、最近自然災害多いから、考えさせられるテーマではありますが、沈没しなかったら日本沈没に
ならないじゃないよね~。
あ…でも特撮はgoodでしたよ^^ もう、今にも溶岩流の中からゴジラが出て来ちゃうのではないかと、
変な期待でハラハラドキドキしてしまいましたよ(笑)
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-08-26 23:06 | 本・映画

ゲド戦記

f0048234_1014140.jpgゲド戦記、参りました^^;
ジブリ作品なので期待していたのですが…。
「猫の恩返し」見たときと同じ、いやそれ以上のショック…。
世間では色々言われているようですが、ここらへんが事の真相らしい…。
救いは、挿入歌の「テルーの唄」。
手蔦 葵さんの、歌唱力と綺麗な歌声には心惹かれるモノがありますね(^-^)

まぁ、今回この映画観て良かったことは、「ゲド戦記」面白そう!
原作読んでみようかな~♪って思ったこと。

それから、まだ映画観てなくて迷っている方にアドバイス。
まだ荒削りの、これからの人の作品と思って、(ジブリ作品と思わずに)今後に期待を掛けるために
観てみるという手はあるかな…。
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-08-17 09:55 | 本・映画

明日の記憶

f0048234_2138524.jpg先日、「明日の記憶」という映画を観てきました。最近の邦画も捨てたもんじゃないねぇとは思っていましたが、またこの作品も凄かった…。
ストーリーも良いんですが、映像が凄いんですよ!
主人公がアルツハイマーの症状である記憶障害に陥って、普段通い慣れている道が分からなくなるところや、記憶の中の人々に責められるシーンは、凄い迫力で怖いくらいでした。見事に主人公の恐怖を映像で表現していましたよ…。
ところで、この映画のキャッチコピーって「人を愛すること、そして一緒にいきていく」ことを、あなたに問いかけたい…。(略)喪失を乗り越え、支え合い生きていく2人の情愛を描いた感動の物語です。
ってなっていて、夫を支える心優しい妻の姿が心に染みるんですが、私はそれ以上に吉田医師の告白に胸打たれました。まあ、自分が医療従事者だからなお思うんだろうけど、病名を告知されて自棄になって病院の屋上から飛び降りようとする主人公に対し、「人は必ず滅んでいくものだ。老いていくものだし、病気にもなる。でもだからといって、あきらめないで欲しい。自分は今できることをしたい。あなたにもあきらめないで欲しいetc…。」って言うことを言って、自殺を思い止めさせるんだけど、この若い医師の真摯な態度と言葉に涙してしまいました^^;公式サイトの名場面集にも吉田医師の告白って言うmovie有るのでご覧いただきたい。って言うか是非この映画は観ていただきたいなぁ~
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-06-05 22:23 | 本・映画

ダ・ヴィンチコード

f0048234_905325.jpg久々に映画を観てきました。いま、話題の「ダ・ヴィンチコード」です。
次男と観に行ったのですが、予備知識が無い彼にはちょっと難しかったようです^^;
わたしは「ダ・ヴィンチコード」が出版されて、すぐくらいにこれを読んでいるので、
タイミング的にはgoodでした。
映画って、先に原作読んじゃうと自分の中でイメージした画像が出来上がってしまって、実際の映画の画像とのギャップが大きくなっちゃうことがあるんですよね…。
だから本と映画が同時に話題になっている作品は、できるだけ映画を先に観るように
しています。今回は本を読んでから、かなり時間が経っていて記憶が曖昧になっていたので、まあまあというところ(笑)
ところで、この「ダ・ヴィンチコード」ですがテーマはキリストの聖盃の探求だったりする。
だからキリストにまつわる歴史的情報が盛りだくさんなの!
だからね、このお話を2時間45分で見せるのにはちょいと無理があるんじゃなかろうか?
でもまぁ、なんにしても楽しめましたよ。それともう一つこの映画謎解きゲームだからねぇ~。
原作読まないで観た方が絶対面白いのでしょうが、原作読んでいなくて、西洋史にあまり興味のない方には、
これまた難解な映画になること請け合い(笑)

役者さんはトム・ハンクスも良かったんですが、イアン・マッケランが良かったですね^^
ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフ役をやった役者さんですけどね。本当に個性派俳優なのね^^。
鬼気迫るものがあってホント怖いですよ、この人の演技!
あと、大好きなジャン・レノが出ていたのも嬉しかった(笑)

f0048234_9124235.jpgキリストは、神の子たる神だったのか、それとも偉大な預言者であった人間なのか?
そのことが重要なんじゃなくて、彼が起こしたとされる奇跡とその教えとが大切なんだって…ん…これって大切なことよね。それが何者かではなく、それが何を行ったか?
あなたが何者かと言うことが問題なのではなく、あなたは何を行ってきたか…そして何を行うことができるのか…?
私は、何を行ってきたのかな…?
これから何ができるかな…?(笑)
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-05-22 21:08 | 本・映画

レジェンド・オブ・ゾロ

f0048234_1210954.jpg
昨晩は久々に映画を観てきました^^
レジェンド・オブ・ゾロです。
私はもともと、映画や本が大好きなのですが、最近忙しくてちょっと御無沙汰だったのね^^;
で、久々に楽しい映画が観たいなァ~と、で、ゾロです(笑)
前作に当たるマスク・オブ・ゾロが日本で公開されたのが7年前だったかな…
その前に「ホーンティング」に出演しているキャサリン・ゼダ・ジョーンズ見て、きれいな女優さんだなぁと
思ったんだけど、「マスク・オブ・ゾロ」の彼女はまさに打ってつけのヒロイン役!
キャサリンって、ちょっとエキゾチックな個性派美人なんだけど見るからに気の強そうな感じでね、
自立した高級猫(ヒマラヤンとかチンチラね♪)を思わせる。
で、ヒロイン「エレナ」は、美人の上に好奇心旺盛、おまけに男勝りの剣の腕前を持っているというわけ~♪
もちろんこの手の娯楽映画のお約束通り、「マスク…」はハッピーエンドだったんだけど、「レジェンド…」は
その7年後の2人を描いているのね^^
今回の見所は、もちろんアクションシーン、もう横文字よりあえて大活劇と表現したいような格闘シーンの
連続で…(笑)
キャサリンのことばかり書いてしまったがゾロ役のアントニオ・バンデラスもアクションシーン以外でも、
お茶目でやんちゃな楽しいゾロを演じていて、このシリーズは、バンデラスとキャサリンという濃い2人の
競演だからこその娯楽大作という感じです。

しかし、女が強く逞しく描かれている映画って、面白い♪
そういう意味では、「タイタニック」も見応え有ったしなァ~(笑)
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-02-11 14:06 | 本・映画

ハウルの動く城

f0048234_21561990.jpg『ハウルの動く城』がアカデミー賞にノミネートされたね^^
やったぁ~って言う感じ♪
だって『ハウル…』面白かったもの~(^-^)
もうね、ワクワクドキドキしながら観ましたよ♪

ジブリのアニメはどれも面白いけど、
『ハウル…』は本当に見応えのある作品♪
niko的には、『トトロ』『ナウシカ』にならぶ面白いアニメでした。

それと、最近のジブリ作品は芸術だと思う。
『もののけ姫』の深い森…
『千と千尋』の不思議な世界…
そして『ハウル…』の本物のような風景描写…
1つ1つの絵がすばらしく描き込まれていて、何時まで見てても飽きない感じ。
そしてあの音楽~♪
映画館の大スクリーンで観る価値のあるアニメだね^^

ストーリーは、簡単にいってしまえばソフィーとハウルのlove storyなんだろうけど、
お互いが大切なもののために、本当の自分として生きることをしようと努力する、
それが愛する人へのメッセージって言っているような感じがしましたよ(^-^)
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-02-01 22:02 | 本・映画