<< 全身麻酔について 卵巣腫瘍茎捻転 >>

いよいよ手術…

f0048234_10412539.jpg卵巣茎捻転と分かった時点ですぐ手術です。しかし、MRI撮影後また痛みが激しくなってきたため再びソセゴン筋注をしているので術前処置は朦朧とした中で受けました。
処置と言っても除毛くらいなんですが…。昔で言う剃毛ですね。昔は産毛まで剃っていましたが、今は術野で邪魔になる体毛だけを電気カミソリみたいな専用器具で刈るだけなんです。私の場合腹腔鏡下手術なので除毛もいらないと思うんですが、なぜかしっかり一分刈りになってました…。しばらく温泉行けません(爆)。
右手には患者確認のためのバーコード入りのリストバンドを付けて、そのまま緊急手術体制でベッドごと手術室に運ばれました。
麻酔は常日頃一緒に仕事をしている麻酔科のD先生でした^^;
これって超恥ずかしいですよね…。

麻酔はもうスペシャルサービスみたいな感じでかけていただいて、苦しい思いも痛い思いもしなかったのですが…。
私がフルストマック*の状態だったのでかなり浅く麻酔導入を行ったんですね。だから、完全に麻酔がかかるまでの間、
先生やスタッフの話し声は全部聞こえるし、お薬が何ミリ入ったなんていうのも全部分かって、ちょっとしたスリルと
サスペンスを味わってしまいました(汗)
普段、自分が患者さんに対して行っている処置が自分の身体に行われていくのが手に取るように分かるの^^;
D先生が「マスキュラックス*5ミリ!」と言った後は、ちょっと頭の中パニックでした。

だって次は挿管だもの~!

先生~! 私まだ、
意識あるんですけど!!!!
って
必死になって動かないはずの右手をパタパタさせて合図を送っていました(笑)





*フルストマック=緊急時手術の場合などで、胃内容物があり誤嚥性肺炎の危険性が高いと考えられる状態
*マスキュラックス=筋弛緩剤

[PR]
by Nikolaschka_01 | 2007-11-01 11:30 | 日記
<< 全身麻酔について 卵巣腫瘍茎捻転 >>