<< 花は 通勤風景 >>

いま ここ じぶん

f0048234_16105139.gif
いま
ここ
じぶん
その合計が
じぶんの一生






心の時代に 相田みつを
アノネ、昨日のいのちは、どこを探しても、もうないんだよ。
あしたのいのちはあしたになってみなければわからない。
あしたは死んでいるかも知れない。 
まちがいなくあるのは、いまここのいのちだけ。
そのいまでさえ、刻一刻と過ぎてゆく。
それが人間のいのち、自分のいのちというものだね。 
そして、いまここを生きるのは、だれでもない、いま、ここ、の自分。 
いまここで、ぶつぶつと不満や 弁解をしながら生きるか 
いまここを、生き生きはつらつと いのちいっぱいに 光かがやいて生きるか 
それをきめるのは いまここの自分
(相田みつを)


先日、近しい知人が亡くなりました。
そんなとき、相田みつをさんのこの詩に出会いました。
なんだか乾いた砂が水を吸い込むように、心に染みこんできました。
[PR]
by nikolaschka_01 | 2007-06-13 22:04 | 独り言
<< 花は 通勤風景 >>