<< 春を探しに~♪ 家族旅行(その4) >>

春の恵♪

f0048234_1457367.jpg

お久しぶりです。米沢も大分雪が溶けて、クロッカスの花や水仙の蕾が目に付くようになってきました。
いよいよ春の到来です。春と言えばこれ…、蕗の薹♪
雪の重みで押しつぶされた雑草の下から、蕗の薹がひょっこりと顔を出しています。

蕗の薹は苦みが強くて、食べるにはそれなりの工夫が必要なんだけど、その苦みというかえぐみが、
この蕗の薹の美味しさでもあるわけよね^^;  
最初はちょっと気になるけど、一度食べ始めると、ついつい、もう一つ…。
大人だけでなく、野菜嫌いの子供でも、同じように食べてしまう子が多いとか…。
そういえば、うちの息子達も蕗の薹の天麩羅は大好物です。

人間は、教えられなくとも山菜特有の苦味が、身体に良いっていう事、本能的に分かっているのかもね(^-^)
開いた物は、苦味が強すぎるので、食べるのには、ちょうど↑くらいのつぼみの状態が良いですね。

f0048234_15205159.jpgそして、蕗の薹が顔を出すと、うちのおばあちゃんが必ず作るのがこれ、「蕗味噌」です。
暖か御飯にちょっと付けて食べると、美味しくて御飯がいっぱい食べられちゃう^^;
日本酒いただくときにもこれは最高~♪
蕗の薹って、天麩羅も美味しいんだけど、他に煮物やクルミと混ぜて切り合えにしても良いかも。
蕗の薹味噌の作り方(おばあちゃんレシピ) 
蕗の薹の土や汚れを洗い、沸騰した湯に蕗の薹を入れ1分茹で、直ぐ流水で洗い晒す。
水分を切りさらに水氣を絞る。包丁で叩くように微塵に切り、味噌を入れ、良くかき混ぜて和える。
(好みで砂糖、味醂を入れる)
冷蔵庫で3日くらい寝かして味が馴染んでからいただく。

ネット上でこんなレシピも見つけました。
これは日本酒以外のアルコールにも合いそうで、ちょっと作ってみようかと思っています。

蕗の薹の効能
クエルセチン、ケンフェノールを含み、せき止めになります
この独特の苦味は、健胃整腸の薬理効果大、春先の花粉症にも効くそうです
春のだるさ、疲労の解消にも!
f0048234_21123057.jpg<苦味成分> アルカロイド
・肝機能を強化し、だるさ疲労を解消
・新陳代謝を促進し、細胞を活性
<苦味成分> ケンフェノール
・活性酸素など、発ガン物質を除去
<香り成分> フキノリド
・胃腸の働きを促進

天麩羅は熱々が美味しいです(^-^)

効能を見ていると、やっぱりお酒にぴったりだと
思っちゃうのはnikoだけかしら~♪
[PR]
by nikolaschka_01 | 2006-04-15 15:59 | 食べ物
<< 春を探しに~♪ 家族旅行(その4) >>